衆議院原子力問題調査特別委員会アドバイザリーボード

衆議院原子力問題調査特別委員会にアドバイザリーボードが設置されました(2017年5月25日)。
このページでは、同アドバイザリーボード関連の資料を随時アップして参ります。
(氏名は50音順、敬称略)。

国会事故調報告提言1:規制当局に対する国会の監視
国民の健康と安全を守るために、規制当局を監視する目的で、国会に原子力に係る問題に関する常設の委員会等を設置する。
1)この委員会は、規制当局からの説明聴取や利害関係者又は学識経験者等からの意見聴取、その他の調査を恒常的に行う。

2)この委員会は、最新の知見を持って安全問題に対応できるよう、事業者、行政機関から独立した、グローバルな視点を持った専門家からなる諮問機関を設ける。
3)この委員会は、今回の事故検証で発見された多くの問題に関し、その実施・改善状況について、継続的な監視活動を行う(「国会による継続監視が必要な事項」として添付)。
4)この委員会はこの事故調査報告について、今後の政府による履行状況を監視し、定期的に報告を求める。

 

【2017年9月14日】
9月14日衆議院原子力問題調査特別委員会(三原朝彦委員長)が開催。6月12日に続き、アドバイザリーボード5名(黒川、石橋、橘川、鈴木、益田)が参加し、うち3名(橘川、鈴木、益田)が意見陳述。議員との質疑に参加しました。

議事録
委員会の様子

<資料>
会員:橘川    武郎資料 170914 橘川プレゼン資料
会員:鈴木達治郎資料 170914 鈴木プレゼン資料
会員:益田    直子資料 170914 益田プレゼン資料

21741074_1596018383795657_7696856675523908488_o

 

【2017年6月12日】
6月12日アドバイザリーボードメンバーのうち4名(黒川、石橋、桑子、藤垣)が参考人として同委員会に招致、意見陳述とともに議員との質疑に参加しました。事故から6年超、国会事故調報告から5年目。ようやくの一歩。

議事録
動 画

<資料>
会長:黒川    清資料     170612 黒川プレゼン資料170612 黒川参考資料
会員:石橋    哲資料     170612 石橋プレゼン資料170612 石橋参考資料国会事故調ダイジェスト
会員:桑子敏雄資料     170612 桑子プレゼン資料170612 桑子参考資料
会員:藤垣裕子資料     170612 藤垣プレゼン資料170612 藤垣参考資料
会員:鈴木達治郎資料 170612 鈴木参考資料
会員:益田直子資料     170612 益田参考資料


19059965_1505171886213641_421109904592569556_n (1)

 

【2017年5月25日】
衆議院原子力問題調査特別委員会(三原朝彦委員長)においてアドバイザリーボード設置されました。

会長:黒川     清  政策研究大学院大学名誉教授・元国会事故調委員長
会員:橘川    武郎  東京理科大学イノベーション研究科教授
会員:桑子    敏雄  東京工業大学名誉教授、社)コンセンサス・コーディネーターズ代表理事
会員:鈴木達治郎  長崎大学核兵器廃絶研究センター長・教授
会員:藤垣    裕子  東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻広域システム科学系教授
会員:益田    直子  拓殖大学政経学部准教授
会員:石橋        哲   政策研究大学院大学客員研究員・元国会事故調調査統括補佐

  ⇒議事録
  ⇒動画(冒頭の三原朝彦委員長発言)