ACTION

2015年12月4日 国際赤十字連盟総会サイドイベントでのプレゼン

  • 2016.3.3
20151204「わかりやすいプロジェクト(国会事故調編)」は、国際赤十字・赤新月社連盟総会サイドイベントでのプレゼンテーションの機会をいただました。 世界の赤十字赤新月社運動に関わる約130人の参加者の皆さんに、「わかりやすいプロジェクト」でたくさんの仲間・参加者の方々と一緒に取り組む中で考えたこ…
Read More →

2015年3月8日 高校生【福島県×首都圏】次世代プロジェクト20150308共同コメント

『原発事故から「未来」が見えた。「未来」の子供に誇れる「いま」を。』 ~~~~~ 私たちは【福島県×首都圏】次世代プロジェクトに参加した福島県と首都圏の高校生です。私たちは2015年1月~3月にかけ国会事故調報告を出発点として計5回の「ともに考えること」に取り組んでまいりました。 私たちは、こんな「…
Read More →

2014年10月27日 第3回原子力対策関係国赤十字社会議 赤十字国際会議ボランティア特別プレゼンテーション

120141027第三回原子力対策関係国赤十字社会議(~30日@福島市)。 赤十字国際会議ボランティアとして「わかりやすいプロジェクト」高校生チームは特別プレゼンテーション の機会をいただきました。「わかりやすいプロジェクト(国会事故調編)」では「1st STEP From Fukushima」と位…
Read More →

2014年8月18日  PJ 1st STEP from Fukushima

  • 2014.8.20
        PJ 1st STEP from Fukushima わかりやすいプロジェクトは福島原発事故で起こった事実を見つめ、対話を通じて問いを明らかにし、広く社会に発信する取り組みを目指して活動してまいりました。日本赤十字社様には2014年3月第二回赤十字原子力セミナーを共催させていただく等…
Read More →

2013年12月 輪読会のご案内

  • 2013.11.22
国会事故調査報告書を読む「輪読会」を5回シリーズで開催いたします。 一人ではなかなか読み込むことができない報告書を読み、率直な感想や気づきを共有し、理解を深めることを狙いとしています。新たな疑問も明確にし、今後は輪読会のみでなく、Story Book、イラスト動画、その他の展開に繋げていければと思い…
Read More →

2013年10月 勉強会のご案内 ※10/7会場が変更となりました

  • 2013.9.10
国会事故調報告書の作成に携わった方々を講師にむかえ、報告書の解説を行う勉強会を開催いたします。 報告書に何が書かれているのかを知りたい方、わかりやすいコンテンツおよび教材開発に興味のある方、これからの日本の在り方を考えたい方は、ぜひご参加ください。勉強会は3回シリーズで実施する予定です。 可能な限り…
Read More →

9/11『避難弱者』出版記念講演会

  • 2013.8.30
平成25年8月29日 『避難弱者: あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか?』 出版記念講演会のご案内 わかりやすいプロジェクト 『わかりやすいプロジェクト(国会事故調編)』のメンバー相川祐里奈の『避難弱者: あの日、福島原発間近の老人ホームで何が起きたのか?』(東洋経済新報社)8月30日…
Read More →

わかりやすいイラスト動画ワークショップ

  • 2013.7.23
わかりやすいプロジェクトでは、15分で国会事故調報告書の内容を概観できるイラスト動画を作中です(近日公開予定!)。 この度、その作成担当者を講師にむかえ、イラスト動画の作成法を学ぶワークショップを開催いたします。 難しいものをわかりやすく説明する方法を知りたい方、イラスト動画の作成に興味のある方は、…
Read More →

勉強会のご案内

  • 2013.7.2
国会事故調報告書の作成に携わった方々を講師にむかえ、報告書の解説を行う勉強会を開催いたします。 報告書に何が書かれているのかを知りたい方、わかりやすいコンテンツおよび教材開発に興味のある方は、ぜひご参加ください。参加することで、今回の原発事故のてんまつがわかるかもしれません。 勉強会は3回シリーズで…
Read More →

ダイアログ・イベントのご案内

  • 2013.4.21
国会事故調報告書について話し合いを始めよう! 原発事故の教訓とは何か? 私たち、一人ひとりに何ができるのか? 2012年7月国会事故調報告が冒頭で明示してから9か月が過ぎ、東日本大震災、福島原発事故から 早くも2度目の3月11日が過ぎました。国会事故調報告書はこう述べています。 「福島…
Read More →